webでの注文に関しては、RKBテレモールでの受付・発送になります。

黄色ブドウ球菌等のアルコールでは除菌できないさまざまな細菌も除菌。

光触媒成分が、表面に薄いバリアコーティング層を作り、室内光でウイルスを分解し、インフルエンザウイルスの感染力が低下。

臭いの元から分解!室内光対応型酸化チタン光触媒を製膜したタイルを施工した公衆トイレでの消臭効果。

九州工業大学 横野教授を中心とした研究チームが開発した室内光対応型酸化チタン光触媒によってアセトアルデヒド(シックハウス症候群の原因物質)、PM2.5、その他VOCなども分解除去できます。

酸化反応と還元反応(逆の反応)同士が光触媒表面で同時に進行してしまい、逆反応のため性能が大きく低下していました。つまり紫外光でしか光触媒の効果を発揮できず室内光ではその効果を発揮出来ずにいました。そこで、紫外線が全く含まれていない室内の光(LED光源等‥)で光触媒機能を発揮する次世代酸化チタン材料の開発に横野教授を中心とした研究チームが開発に着手。

横野教授研究チームが開発した「可視光応答型酸化チタンナノ素材」は室内光を使った化学物質(アセトアルデヒド・シックハウス症候群の原因物質)の分解性能を調べた結果、一般的に使用されている窒素添加酸化チタンより約4倍分解。市販品では、最高性能トップクラス。

第2世代室内光(LEDライト等)に対応した酸化チタン光触媒としては 世界で唯一、安定出荷可能な素材。

Q & A ページはこちら >>

開発した次世代型酸化チタン素材を横野教授の研究チームと環境技術開発会社との共同開発した空気清浄機用フィルターへ光対応型酸化チタン光触媒を低温溶射技術を採用し、抗菌・抗ウイルス・消臭に優れたフィルターを開発。

環境技術開発会社との共同開発で次世代型酸化チタンを製膜したタイルを開発。臭いのきつい公衆トイレに製膜したタイルを敷き詰め、細菌調査の結果、菌をほぼ消滅させ臭いも激減。

室内用光触媒コーディング剤(※ピュアコートV)を壁面に塗膜し、蛍光灯下8時間を経過した試験結果は黄色ブドウ球菌が10万個から10個以下へ激減。

室内用光触媒コーディング剤(※K2コートV)を天井に施工し、付着菌検査を行い施工前・施工後を検査した結果、数値検査648から24へ

室内用光触媒コーディング剤(※ピュアコートV)を壁面に塗膜し、蛍光灯下12時間を経過した試験結果はアオカビが4万個から10個以下へ激減。

抗菌・抗ウイルス・臭い除去など、その高い性能から大手マンション会社の施工オプション、事務機器一般への応用、病院・畜産施設・老健施設等、さらに、大手ウイスキー蒸留所の蒸留釜への施工実施。